FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

2019-37号-10-5

コラム「音楽と私」

以前のコラムで、ラジオについて書いたことがあるが、ラジオを聴くようになってから、私の音楽遍歴も変わってきたように思う。同居していた祖父の影響で、小学生の頃は、演歌や歌謡曲が好きであったが、中学時代にラジオに、はまり出して、井上陽水、松山千春、長渕剛、山下達郎などのニューミュージックを聴き始めた。
高校で吹奏楽部に入った時には、聴く音楽にクラシックも増えた。吹奏楽部では、金管楽器のユーフォニウム(Euphonium)を担当。「えっ?ユニフォーム?」と尋ねられるほどマイナーな楽器だが、私のお気に入りの楽器となった。
最近では、CDを買うことも少なくなったが、音楽は好きである。TOKYO-FMの番組の影響であろうか、「JET STREAM」で流れるポール・モーリアなどのイージーリスニングにはまっている。歌詞のない、音楽だけのジャンルであるが、心が落ち着くのである。
 そして、演奏するほうは、もっぱらリコーダー。ソプラノとアルトの2つを使って、年2回行う「ピアカフェ」で、披露している。かつては、一人で採点付きのカラオケに、行くこともあったが、最近は、シャトルやフィレ以外で行くことは無くなってきた。
今年は、秋川キララホールがオープンして早30年。中学3年の時に、オープンした頃は、ハイファイセットや永井真理子のコンサートに行ったことが、懐かしい。今は亡き永六輔さんと中村八大さんの「はちろくコンサート」にも行きました。秋川市時代に「スポーツと音楽のまち」などと言っていたが、あきる野市になっても、受け継がれているようだ。文化・芸術、スポーツ、読書など秋には良いシーズン。私は「食欲の秋」を堪能しようと思う。


会長・森田康雄より
スポンサーサイト



[ 2019/10/23 ] コラム | TB(-) | CM(0)

2019-37号-10-5

11月 2日(第一土曜日)
13:00~15:00(自由解散)
お茶会 シャロ(東秋留駅北口)

12:50 東秋留駅階段下に集合。費用実費。

12月14日(第二土曜日)
13:00~15:00(自由解散)
忘年会 ステーキのどん秋川店
(秋川駅北口)

12:50 現地集合。費用実費。

2020年

1月 4日(第一土曜日) 
13:00~15:00(自由解散)
新年会 夢庵・秋川店
(あきる野市役所近く)

12:50 現地集合。費用実費

2月1日(第一土曜日) 
13:00~15:00(自由解散)
お茶会 高倉町珈琲・あきる野店

(東秋留駅南口徒歩13分)
12:50 現地集合。費用実費。

基本的に13:00~15:00までですが、
    残りたい方は17:00まで空いています。


11月に参加される方は、
  10月30日(水)16時までに、森田にご一報ください!
12月に参加される方は、
  12月11日(水)16時までに、森田にご一報ください!
1月に参加される方は、
  1月1日(水)16時までに、森田にご一報ください!


シャトル会員募集中 ぜひ見学にいらしてください!!
妄想世界絵本発売中!!シリアル版、CD版ともによろしく!!
[ 2019/10/23 ] 活動予定 | TB(-) | CM(0)

2019-37号-10-5

9月14日(第二土曜日)
15:00~自由解散
ピザ食事会 クアラントゥーノ
(秋川駅南口)

14:50 秋川駅南口階段下に集合。
実費、約1,500円程度ご用意を。


9月14日 9月度シャトル。参加人数は、4名でした。以前、中止になったピザ会が実現!!!秋川駅南口徒歩0分にある、イタリアン「クアラントゥーノ」で、食事会を。オーナーおまかせメニューで、前菜、飲み物、ピザ、パスタ、デザート、と至れり尽くせりでした。また、皆さんと行ってみたいです♪♪♪
[ 2019/10/23 ] 活動内容・活動報告 | TB(-) | CM(0)

2019-37号-10-5

8月10日(第二土曜日)
13:00~自由解散
高倉町珈琲あきる野店
(東秋留駅南口徒歩13分)

13:00 現地集合 費用実費

8月10日 8月度シャトル。参加人数は、4名でした。いつもの男性3人に、5年ぶりに再登録してくれた女性1名で、東秋留の高倉町珈琲へ。お茶会ですが、私は、かき氷も頂きました。今年度の会員登録者数が7名になり、このまま増えていくことを、願います。 
[ 2019/10/23 ] 活動内容・活動報告 | TB(-) | CM(0)

2019-36号-8-10

コラム「障害?障碍?障がい?しょうがい?」

シャトルの正式名称は、「秋川流域精神障がい者当事者会シャトル」です。結成当時は「精神障害者」と漢字表記していましたが、あきる野市の障害者福祉の課が、障がい者支援課だったり、新聞で「障がい者」と表記するのが増えてきたので、平仮名表記に直しました。本来、障碍者と表記するのですが、「碍」の字が常用漢字ではないので、戦後の政策で、「障害」と書くのが主流になったものの、「害」の字は、「害悪」「害毒」などネガティブなイメージを持つ為、平仮名表記が浸透している経緯があります。
また、病や疾患を「持つ」とは言っても、障害を「持つ」という表現は、減ってきています。「障害のある」「障害がある」と呼ぶようになりました。
私がリスペクトしている海老原宏美さんは、近著『わたしが障害者じゃなくなる日』(旬報社・刊)で、障害の古い考え方と新しい考え方に触れています。古い考え方は「階段しかない建物に入れないのは、あなたが車いすに乗っているせいです」。新しい考え方は、「車椅子の人が入れないのは、階段しかないこの建物のせいです」。「古い障がいの考えかたは、一人ひとりの個人のせいにされてきたので「個人モデル」といいます。新しい障害の考えかたは、わたしたちのくらす社会の仕組みが原因になるので「社会モデル」と呼びます」とのこと。
 この度、あきる野市障がい者団体連絡協議会(あき障連)の会長に就任しました。あきる野社協の評議員と共に、社会に向けて発信することが増えました。これからも、体に気をつけて、頑張ります!!!


会長・森田康雄
[ 2019/08/25 ] コラム | TB(-) | CM(0)