FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2018-33号-10-6

コラム「志と忙と忘」

今回もまたクイズから。問「1,3,4,6,8,10,12」は、かつての東京の地上波テレビのチャンネル。では、「1,3,5,7,?,10,12」の「?」に入る数字は?ヒントは、「二四六九士」。答えは8です。ヒントは、「にしむくさむらい」と読みます。2,4,6,9,11月は「小の月」つまり31日が無い月。逆に問題文のほうは、31日のある「大の月」というわけ。
弁護士や税理士、司法書士など様々な資格には「士」が付いています。「師」は先生の意味ですが、「士」は一字だけで「さむらい」と読み、「事を処理する才能のある者」であると、私の持っている漢和辞典には書いてあります。精神保健に関わる資格には、社会福祉士、精神保健福祉士などがありますが、私がお世話になっている福祉「ざむらい」の皆さんは、プライドを持って仕事をされています。これからも医師、看護師に出来ない障がい当事者と社会とのパイプ役になって頂きたい。漢字の成り立ちとは異なりますが、「士」の「心」と書いて「志」と。どんな仕事でもそうだと思いますが、初志貫徹でいきたいものです。
「忙しい、忙しい」と言っていると「心」を「亡くす」ことに。そして、心を亡くすことは、大事なことを「忘れて」しまうことにも。「青年よ心に読書と思索の暇(いとま)を作れ」とは、ある著名な数学者・教育者の言葉である。


会長・森田康雄より
スポンサーサイト
[ 2018/10/21 ] コラム | TB(-) | CM(0)

2018-32号-7-7

コラム「我れ以外、皆我が師」

皆さんは、国文学者の「折口信夫」と作家の「大佛次郎」の名前を読めますか?答えは「おりぐちしのぶ」と「おさらぎじろう」。一般的な読み方ではないので、振り仮名をつけて欲しい名前です。
11年前に入院した時、病棟の本棚に司馬遼太郎が小学生向けに書き下ろした文章をまとめた本を見つけた。巻末に司馬の略歴があり、直木賞、菊池寛賞、吉川英治文学賞などを受賞のほかに、大佛次郎賞受賞も書いてあったのだが、そのルビが「おさらぎ」ではなく、「おさなぎ」と振ってあったのだ。出版社に誤植があるから修正するように電話。入院中なので病院の住所も教えたら、1週間後に担当者から絵葉書が届いた。「森田様のご指摘通りです。闘病中にもかかわらずご連絡頂き感謝しています。どうぞ一刻も早い退院を祈っております。この度は誠にありがとうございました」と。
たとえプロフェッショナルでも、間違いはある。それを素直に認め、今後の糧としてもらえればと思う。私自身、そのことを肝に銘じている。
「我れ以外、皆我が師」とは、吉川英治の言葉。私の座右の銘である。

  
会長・森田康雄より
[ 2018/07/22 ] コラム | TB(-) | CM(0)

2018-31号-4-14

コラム「藤井克徳さん」

3月17日(土)に、あきる野市公民館主催の市民企画講座が、中央公民館で開催。「憲法70年企画の会・あきる野(AC70の会)」の企画・運営による「憲法を知る!感じる!語り合う」5回の連続講座の最終回は、日本障害者協議会(JD)代表で、きょうされん専務理事の藤井克徳さんの講演がありました。藤井さん自身、全盲の視覚障がい者ですが、用意してくださった資料が全部頭の中に入っており、驚嘆しました。質疑応答で私も精神障がい者として、措置入院患者の退院後のことについて質問。明確な回答でした。藤井さんの講演の最後に、イソップ童話「三匹のカエル」を紹介。ある日、三匹のカエルが牛乳が入った容器に落っこちた。悲観主義のカエルは、もうだめだ、とあきらめて沈んで死に、楽観主義のカエルは、何とかなるだろう、と何もしないうちに沈んで死んだ。しかし、もう一匹のカエルは現実主義で、カエルは足をバタバタさせるしか出来ないと、動いていたら牛乳がやがてバターになり、浮き上がって助かった、というお話。頭だけで考えるのはなく、何かしら行動するのが大事だという寓話でした。現実主義のカエルに私もなりたい。
 
会長・森田康雄より
[ 2018/05/01 ] コラム | TB(-) | CM(0)

2018-30号-1-6

コラム「ラジオと私と」

 自称「情報屋」森田の情報源は、テレビ、新聞、雑誌、本、ネット、図書館などあるが、耳から入る情報としてのラジオの存在はかなり大きい。
テレビっ子だった私は、小学5年生の時から眼鏡をかけ始めた。テレビの見過ぎで視力が低下した。その頃から、ラジオを聴き始めている。TBSラジオ「全国子供電話相談室」を皮切りに、文化放送「決定全日本歌謡選抜」では、今でいうJ-POPに目覚めた。
聞くだけでなく発信したい、と思った私は、アマチュア無線の免許も取得し、自宅に無線局を開局した。中学時代は、中学では珍しいアマチュア無線部に所属し、マニアック路線は、そこで確立したと言えよう。
現在は、TBSラジオがメインで、FMを聴くことは少なくなったが、それこそいろんなことにアンテナを張って、情報を入手して、Facebookなどで発信していきたい。
                        

会長・森田康雄より
[ 2018/01/14 ] コラム | TB(-) | CM(0)

2017-29号-10-7

コラム「私を取り巻く人々2017」

 山奥に住む仙人にでもならない限り、人は何かしら他人に関わり、何かの組織に属したりする。今の仕事をして早6年半。コミュニケーション能力に乏しい私は、チームワークより一人親方のほうが、向いていると今でも思っている。一緒に仕事をする相手は、日本語を学びに来日したアジア系の留学生が多い。難しい日本語もなるべく簡単な言葉で言わないと伝わらない。統合失調症のことは、職場には話していない。病気のことを知ってもらえたら、どんなに楽だろう、と思うこともあるが、それは難しいだろう。
 弟と姉。隣組の方々。主治医のH先生、訪問看護の看護師さん、一緒に掃除をしてくれるヘルパーさん、生活支援センターフィレの職員と利用者さん。シャトルの仲間。家族会の西多摩虹の会、あきる野市障がい者団体連絡協議会のみなさん。あきる野市役所の職員さん、市議会議員のOさん。新聞配達のお兄さん。図書館はともだちの会。憲法70年企画の会・あきる野(AC70の会)。
 私は、言わずと知れた創価学会員であるが、我が家を訪れ、聖書の話を聞かせてくれたクリスチャンと、仏教とキリスト教の宗派を超えた対話を続けている。敬虔なクリスチャンの彼は、本当によく聖書を学んでいる。自分も日蓮の教えや仏教について日頃から研鑽(けんさん)せねば、と奮起する。
病気、障がいが無ければ、決して出会うことのないような人たち。吉川英治の「我れ以外、皆我が師」を肝に銘じて、これからも自分の成長の為に、様々な人と関わっていきたい。


会長・森田康雄より
[ 2017/10/17 ] コラム | TB(-) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。